ダック引っ越し

ダック引っ越しセンターで妊娠中の引越

 

 

一人目を妊娠中に、ダック引っ越しセンターで引っ越しをしました。

 

 

妊娠を機に仕事を辞めたため少しでも家賃の安いマンションへ引っ越そうと夫婦で決め、お腹が大きいのにマンションを何件も周り決めました。

 

 

引っ越しの日は妊娠37週で臨月に入りたて。

 

 

しかもすでに里帰り出産のため実家に戻っていたので、新幹線に乗ってはるばる舞い戻ってきました。

 

 

荷造りも全部私がしたのでちょっとでも重たいものを持つと、「赤ちゃん出てこないかな」とヒヤヒヤドキドキ。

 

 

 

引っ越し当日はとにかく邪魔にならないよう部屋の隅っこでジ〜っとして、ダック引っ越しさんがテキパキ仕事をしてくれているのをただ見ていました。

 

 

新しいマンションへの荷物運びが終わってから荷解き作業ももちろん私は戦力外。

 

 

なのでわざわざ6時間かけて主人のご両親が手伝いに来てくれました。

 

 

私は口だけ動かして義両親は私の指示で動いてくれとても助かりました。

 

 

みんなで協力して1泊2日ですべて片付けました。

 

 

妊娠中の引っ越しはとにかくお腹の赤ちゃんが気がかりでした。

 

 

里帰り出産のため、もし引っ越し中に早産となると出産予約している病院もないし「どうか今日は出てこないで・・・」と祈りっぱなしの引っ越しでした。

 

妊娠中の引っ越しはこりごりです。